top of page

鳥取砂丘とトリの菓子店 - サブレ缶がつなぐ地元への愛

 


 鳥取砂丘の美しい風景と共鳴する風味と食感、それに美しいパッケージデザイン。それが「トリの菓子店」のサブレ缶の特徴です。このサブレ缶は、地元鳥取への深い愛情と誇りが詰まっており、その魅力を最大限に引き立てるために、全国どこからでもお取り寄せいただけます。今回は、鳥取砂丘とトリの菓子店との深い絆と、その絆が形になったサブレ缶についてご紹介します。

 


 「トリの菓子店」のサブレ缶を開けると、まるで鳥取砂丘を訪れたかのような特別な体験が待っています。一口食べれば、砂丘の風景が広がり、バターと小麦の香ばしさ、特製のバニラと抹茶の風味が融合したサブレから、地元の美しさを感じることができます。


 サブレ缶には、地元鳥取への強い愛情が込められています。鳥取砂丘から得たインスピレーションは、サブレの製法からパッケージデザインに至るまで、お客様に伝わるよう心掛けています。パッケージデザインは、地元鳥取在住のイラストレーター、伊吹春香さんが手掛けています。伊吹さんの描く砂丘の美しさは、缶を開けた瞬間から感じられます。




 また、サブレ缶の中には因習和紙が添えられています。これは、食べる前の一瞬や食べ終えた後でも楽しんでいただくための工夫です。これもまた、地元への深い愛情と敬意を表現する一つの方法です。

「トリの菓子店」のサブレ缶をお取り寄せいただくことは、鳥取砂丘とトリの菓子店が大切にしている価値を共有することを意味します。


 お取り寄せするという行為は、自分自身を特別な体験へとつなげることです。ぜひ、「トリの菓子店」のサブレ缶をお取り寄せいただき、その特別な体験をご堪能ください。サブレの一口目で、鳥取砂丘の美しさと「トリの菓子店」のこだわりを感じていただけることでしょう。

Комментарии


bottom of page