top of page

鳥取砂丘のアートと伝統を詰め込んだサブレ缶お取り寄せで楽しむ地元愛

 

サブレ缶お取り寄せ

 鳥取県のトリの菓子店では、地元の風土を大切にしたサブレ缶を提供しています。一つ一つ手作りで仕上げられたサブレと伝統工芸品の風味を活かしたサブレ缶は、そのアート性とこだわりが詰まっています。ここでは、そのサブレ缶と鳥取砂丘が繋がる物語をお伝えします。


 鳥取砂丘は、風と砂による自然の芸術作品とも言えます。その美しさは世界中の人々を魅了し、長年にわたり愛されています。この地元への愛情と鳥取砂丘への敬意が、トリの菓子店のサブレ缶にも注がれています。


 サブレの名前は、フランス語で「砂で覆われた」という意味があり、そのサクサクとした食感が砂を思わせます。そしてその砂、つまり鳥取砂丘のエッセンスが、トリの菓子店のサブレには生かされています。


 トリの菓子店では、サブレ作りに「バターへのこだわり」があります。その状態がサブレの食感を左右すると考え、手作業で丁寧に扱っています。また、「良質な素材を選び、活かす」ことも重要視しており、その一つが"井上青輝園の抹茶"です。抹茶の風味と旨味がサブレに深みを与え、バターの風味と絶妙にマッチします。


 そしてサブレ缶のデザインには、鳥取県在住のイラストレーター、伊吹春香さんの鳥取砂丘が描かれています。そのシンプルで雄大なデザインは、鳥取砂丘の風景を忠実に表現しています。


 トリの菓子店のサブレ缶お取り寄せしてみてはいかがでしょうか。その一つ一つに込められた地元愛と鳥取砂丘への敬意を感じながら、美味しいサブレをお楽しみください。ここにしかない風味と、ここからしか伝えられないストーリーが、あなたを待っています。

Comments


bottom of page