top of page

因州和紙と当店のサブレ缶 - 伝統と地元の誇りを共有する


1. 因州和紙とは?

 因州和紙は、その名の通り因州地方で作られる和紙で、この地方は現在の鳥取県東部にあたります。その高品質さから「他の和紙で一枚書くうち二枚書け、滑らかで早く筆がすすむから墨も減らない」と評価され、「因州筆きれず」とも言われるほどです。


 因州和紙の原料は楮(こうぞ)、三椏(みつまた)、雁皮(かんぴ)などで、その原料と品質を高める清流に恵まれた因州地方で、紙漉き(かみすき)の技術が発展しました。また、因州和紙の製造工程で出る「ちゃっぽん」という音は、伝統的な風物詩として評価されています。


2. 因州和紙と当店のサブレ缶のつながり

 因州和紙と当店のサブレ缶のつながりは、地元への愛と伝統への敬意にあります。当店のサブレは、こだわりの材料と手間ひまかけた製法で作られています。それはまさに因州和紙の製造過程と同じです。素材の選定から最終的な仕上げまで、丁寧な手仕事が細部にまで行き届いています。


 サブレ缶は、当店のサブレを美味しく、そして美しく保管できるようにデザインされています。そのデザインには、因州和紙の繊細な美しさと力強さを取り入れています。和紙の温かみと質感は、サブレ缶の見た目だけでなく、開ける瞬間の喜びも高めてくれます。



3. 因州和紙と当店のサブレ缶の魅力

 因州和紙と当店のサブレ缶を組み合わせることで、一つ一つが芸術作品のような存在になります。因州和紙の繊細さと強さ、そして当店のサブレの味わい深さが絶妙に融合し、見る人を魅了します。その美しさは、贈り物としても最適で、大切な人への思いやりを伝えることができます。


 そして、サブレ缶が空になったとき、その美しさは消えることなく、和紙の力強さを引き立てながら、次の用途へと生まれ変わります。ペン立てや小物入れとして再利用でき、因州和紙の美しさを日々感じることができます。


 因州和紙と当店のサブレ缶は、地元への愛と伝統への敬意を共有する一方で、革新的なアイデアを追求し続けています。その組み合わせがもたらす美しさと楽しさを、皆さんもぜひ体験してみてください。

Commenti


bottom of page