top of page

井上青輝園の抹茶が彩る、トリの菓子店の抹茶サブレ




 鳥取の自然豊かな環境で育まれた茶葉と、その茶葉を活かしたトリの菓子店の抹茶サブレ。この出会いが生み出す風味は一度味わえば忘れられないほどです。今回は、抹茶サブレの風味の秘密とその魅力をご紹介します。

 

 トリの菓子店の抹茶サブレの風味の秘密は、「井上青輝園」の抹茶にあります。井上青輝園は、夫婦で管理を行い、自宅の工場で茶葉を製造する自園自製のお茶農家です。心を込めて作られたお茶は、その香り高さと味わい深さが特徴です。


 茶葉は、日光を遮ることで葉肉が厚くなり、茶葉の色も濃くなることから、旨みが多く含まれています。また、井上青輝園では有機肥料を用いた栽培にこだわり、土壌と水の恵みを最大限に活かした茶葉を育てています。これらのこだわりが、抹茶サブレの繊細で深い風味を生み出しています。


 サブレ缶をお取り寄せいただくと、一つ一つ丁寧に焼き上げられた抹茶サブレが登場します。その一つ一つに、トリの菓子店と井上青輝園の二つのこだわりが詰まっています。一つを口にすれば、鳥取の自然と井上青輝園の茶葉、そしてトリの菓子店の職人技が一度に感じられます。


 今回のブログでご紹介した「井上青輝園の抹茶が彩る、トリの菓子店の抹茶サブレ」をぜひ一度お試しください。サブレ缶をお取り寄せすれば、鳥取の自然を思い浮かべながら、ここでしか味わえない一時を楽しむことができます。あなたのテーブルを、鳥取の風味で彩ってみてはいかがでしょうか。

bottom of page